βθ

うさぎと暮らす野鳥好き

▽サイチカのドラッグストアにはオランジーナがないのがアレだな。でもゼロペプシがあるからな。
▽「西岡青少年キャンプ場では、クマをはじめとした野生動物による侵入を防止するため、キャンプ場開設期間中、電気柵を周囲に設置しております」
▽電気柵。
▽まあ、最近増えてるからなあ。

▽1F2Fに掃除機をかける。
▽クワッタハホ、速攻手術してる。はええ。
▽昆布とミヨク展のカタログはしょっぱなからおもしろい。これ、ほとんどまったく売れてないだろうけど、いいカタログだと思う。
▽いやまだ全部読んでないど。
▽サケとイシモチもおもしろいな。あと韓国はタチウオも好きだよねえ。

▽クワッタハホは腕だったのか……。たしか最近腕上がりの手術はしたはずでは?
▽とりあえず買い物には行ったが、帰る最中で雹が降り、帰ってきてからは結構な雨。やばかった。

▽買い物に行きたいのだが、そこらへんでにょきにょきと雨雲が発達しては流れていく関係上、どうも行動のきっかけを掴めないでいて、食器の整理などをしている。
▽結局買い物には行かず、キッチン周りを片しただけの人生だった。

▽CASUAL PRODUCT。
▽そこらへんをうろうろしていると鯉のぼりがこちらに正面を向けてゆらゆらしていた。
▽うろうろだのゆらゆらだの日本語にはオノマトペが多い。
▽職場にシンガポール人が来ていて、その人に実験のやり方を説明しなければならない。
▽その際、みんながわかりやすく説明しようとしてオノマトペを多用している現象に気がついた。
▽まだシンガポール人に直接は聞いていないが、オノマトペを多用することでむしろわかりづらくなっているのではないか。
▽「チビチビ入れる」とか「ドバドバ入れる」とかいうよりも、「少しずつ入れる」とか「一気に入れる」とか言った方が日本語習得中の外国人には伝わるのではないだろうか。
▽聞いてないけど。
▽鯉のぼりの話に戻ると、鳥などもそうだが正面向きの顔はだいたい間抜けに見える。
▽間抜けな顔をしてやつらは、風に翻弄されていて、翻弄されるがままになっていて。
▽それが彼らの生きる道で。
▽彼らに自分の意志などは微塵もないまま風にたゆたゆとたゆたゆたゆっているのだった。
▽それが子供が成長するアレゴリーになっているというのはなんというか、アイロニカルなことだなと思った。

▽県道61と県道263
歴博に行ってきた。「海の帝国琉球」を見るために。ようやく来れた。
▽うーん、これはむずかしい。ただ、先島が青磁白磁に埋もれてる感じはわかった。
▽「海の帝国琉球」のカタログは買わず、「昆布とミヨク」をほうを買って帰る。
▽「昆布とミヨク」展は見たかったが、多分1mmも開くことができなかった展示。
▽「この道路すれ違いできないじゃん!?」「カエルも鳴いてるし!」「カエルも鳴いてるし!!」